×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病 初期症状

糖尿病の初期症状とは?

ノドの渇きの原因は尿の回数・尿量が増加し大量のブドウ糖を出すので、尿の量が増えて身体の水分が失われる為です。体重が急激に減少するのは、食べていて痩せるのには正常にブドウ糖が利用されず、エネルギーが慢性的な不足になる為、尿に糖が出る・目がかすむ・立ちくらみ・手足のしびれ・月経異常・全身倦怠感などの症状が現れるのです。

それは、インスリンの作用不足で身体がブドウ糖を利用できず、エネルギーの活動が不足するのです。

糖尿病の症状は、痛みと感じる自覚症状が無いので治療が必要な人でも、治療を受けない人は隠れ糖尿病ともいいます。ただ、糖尿病の一番怖いのが合併症です。合併症を防ぐ為には、症状が現れた時点で医師の指示通りに、しっかり治療をする事が大切です。

糖尿病の三大合併症

一般的な病気は、病名を正確に判断する為に初期症状を医師に伝えますが、糖尿病の恐ろしいのは初期症状がほとんど無く、本人が気付かないのです。症状を感じた時には糖尿病がかなり進行しているので、慎重に考えなくてはいけません。

三大合併症→ 1,糖尿病性網膜症2,糖尿病性腎症3,糖尿病性神経障害。その他に、心筋梗塞・脳梗塞など糖尿病が引き起こす病気は大変多く、どの合併症も血液の流れが悪くなるという関係があります。

血液の循環が悪いのは血液がドロドロ状態であり、健康時のサラサラの血液とは全く正反対の状態です。血糖値が高く、血液がドロドロでは細い毛細血管の中を、通過するのが困難になります。私達の身体にはサラサラな血液が流れて、健康体で過ごせますが糖尿病の場合はそれができない為、様々な合併症を引き起こすのです。目や腎臓などの臓器や神経に悪影響を与え、血管が詰まりやすくなり、全てが血液の流れが原因です。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?